トップページ  >  料金について  >  原料費調整制度について

業務用・工業用ガス料金について

■原料費調整制度について

都市ガスの原料であるLNG(液化天然ガス)及びLPG(液化石油ガス)の価 格は、原油価格や為替レートの動きにより変動します。原料費調整制度はこうし た原油価格の変動に応じて、ガス料金を毎月調整する制度です。

○基準平均原料価格(67,730円/トン)と平均原料価格(料金適用月の3ヶ 月前から5ヶ前の3か月平均におけるLNG及びLPGの輸入価格により算定) との差額に基づいて、単位料金を調整いたします。

○原料価格の変動については、LNG、LPGとも貿易統計実績によります。

○料金の大幅な上昇を避けるため、平均原料価格が上限値(108,370円/トン) をこえた場合には、平均原料価格は108,370円/トンとしてガス料金の調整を行います。

○ 調整単位料金の適用期間は次のとおりです。

調整単位料金の適用期間 平均原料価格算定期間(3ヶ月)
1月検針分 前年 8月から10月
2月検針分 前年 9月から11月
3月検針分 前年 10月から12月
4月検針分 前年 11月から当年1月
5月検針分 前年 12月から当年2月
6月検針分 当年 1月から 3月
7月検針分 当年 2月から 4月
8月検針分 当年 3月から 5月
9月検針分 当年 4月から 6月
10月検針分 当年 5月から 7月
11月検針分 当年 6月から 8月
12月検針分 当年 7月から 9月

 

 

 ■原料費調整制度に基づく平成29年11月検針分のガス料金について

 

 当社は、原料費調整制度に基づき、平成29年10月検針分に適用される調整単位料金を平成29年9検針分に比べて1m3あたり +0.46(税込)調整させていただきます。

1.ガス料金(平成29年11月検針分)

一般契約料金表(税込)

料金表 1ヶ月のご使用量 基本料金
(1ヶ月あたり)
調整単位料金(1m³あたり)
H29/11月
検針分
H29/10月
検針分
A 0m³から24m³まで  839.16円 218.91円 219.55円
B 24m³をこえ62m³まで 1,191.24円 204.22円 204.86円
C 62m³をこえ126m³まで 1,791.72円 194.53円 195.17円
D 126m³をこえる場合 2,857.68円 186.07円 186.71円

 

2.貿易統計による原料価格

  平成29年6月~平成29年8月
LNG平均価格 47,980円/トン
LPG平均価格 46,490円/トン

 

3.変動額の計算式

(1)平均原料価格
平均原料価格 = トン当たりLNG平均価格×0.9899+トン当たりLPG平均価格×0.0109
                     = 47,980円 × 0.9899 + 46,490円 × 0.0109
                     = 48,000円(算定結果の10円未満の端数は四捨五入)
(2)原料価格変動額
原料価格変動額 = 平均原料価格-基準平均原料価格
                        = 48,000円 - 67,730円
                        = ▲19,700円(算定結果の100円未満の端数は切り捨て)
(3)調整額
調整額 = 原料価格変動額 × 0.084円/m³ ÷ 100円 × (1+消費税率)
           = ▲19,700円 × 0.084円/m³ ÷ 100円 × 1.08
           = ▲17.88円/m³ (算定結果の小数点第3位を切り上げ)

※平成29年10月検針分との比較
〈平成29年11月の調整額〉   〈平成29年10月の調整額〉

 ▲17.88円/m³   -   ▲17.24円/m³  = - 0.64円/m³

  


ページの先頭へ
サイトマッププライバシーポリシー